生きる力

ぶっちゃけ副業に「せどり」はオススメしない!

みんなおつかれー、えもんです。

今日は、俺が実際にせどりを2年くらいやってみた結果、
ぶっちゃけサラリーマンにはオススメできないと思ったっていう徒然日記。

最近さ、給料がなかなか上がらないことに加えて、
空前の副業ブーム、企業の副業解禁ラッシュという背景も重なり、
メディア然り、ネット界隈でも取り上げられることも多くなったから
「あれっ、やばい!俺もなんかやらなきゃ!」っていう人が増えたよね。

みんなもきっとそうだと思うんだけど、
「サラリーマン 副業」とかさ「副業 オススメ」っていう
キーワードで一回はググった経験のある人も多いと思うんだ。

また、俺も会社で人事担当しているんだけど、
「副業はOKですか?」っていう質問も多くなったし、
年収アップに悩むサラリーマンがこんなに多いものかと日々感じるのよ。

しかも、別に赤字じゃないんだけど、
バブル時代に採用された50代のサラリーマンの
首切り人事っていうのもあちこちで始まってるから、
特に何も考えず働いてきた家庭のある人たちなんかはマジで焦るよな。

日本っていう国は、終身雇用制度とか年功序列制だったり、
とりあえず企業に入れば一安心的な空気がい未だに根付いているし、
企業側としても、マイホームを購入した従業員はローンの返済があるから、
退職することもないので、やりたい放題だし、
なんか持ちつ持たれつ的な感じで今に至るんだよね。

ってなわけで、結論から言うと、
せどりは儲かるのは儲かるんだけど、
手間がかかる割には大きな収入を見込めないっていう話と、
手を止めたら収入も止まるので、
副業としてはオススメできないっていう話をしようと思う。

確かにせどりは儲かるっていう話を最近よく聞くわよね。
けいこ
えもん
儲かるのは儲かるけど、本当の勝ち組はせどりは儲かるよって情報発信してる奴らだからね。
三流は時間を売る、二流はモノを売る、一流は仕組みを売る!
けいこ
えもん
三流はサラリーマン、二流は転売ヤー、一流は情報発信者!

AMAZONせどりとは

まず、AMAZONでせどりをする場合の話を超ざっくり。

実際のやり方だったり詳しい説明なんかは、
他の人たちがわかりやすくまとめてるブログがたくさんあるので、
「せどりとは」とか「せどり わかりやすい」とかでググってみて!

ググってみたら、くっそ多いね。せどり関連の記事。
けいこ
えもん
そう。そいつらがせどらーの情報発信者。間違っても情報商材とか手を出しちゃだめだよ。

出店方法

まず、AMAZONにお店を出店するには、大きく2種類の方法があのね。

【出店方法は以下の2種類】
①大口コース(FBA):4,900円
②小口コース(自己配送):0円(一つ売れると100円)

①FBAっていうのは、仕入れた商品をAMAZONに送れば、
販売から発送まで全てAMAZONが
出品者の代わりに対応してくれるというシステムのこと。

誰でも個人で出店することが可能で、
会費さえ払えば好きな店舗名で商売が始められるのよ。

しかも、これが月額4,900円で使い放題っていうんだから、
利益が出る商品が見つかったら、
あとは片っ端からAMAZONに納品するだけ。

また、出品商品が翌日配送の対象となるプライム扱いとなるので、
FBAは小口出品に比べて圧倒的に有利。

さらには、各種販売管理システムも利用できるので、
正直①FBAを選ばない理由はない。

②の自己配送って言うのはその反対。
販売から発送まで全部自分でやるので、
ものすごい手間がかかるかわりに、
月額利用料がかかりませんよ!っていうシステム。

どっちも一長一短あるわけなんだが、
②の自己配送っていうのは、
一個売れるにつき100円の手数料がかかるので、
月に50個近く販売するとなると、
あっという間に月額利用料分に到達。

また、カートを取るっていう表現を使うんだけど、
これは、AMAZONで商品を買うときって、
どの出品者から選ぶか選択するじゃない?

でも、特にしてしない場合は、
購入ボタンをポチっと押したときに
一番上の出品者が選ばれるようになっていて、
そのカートを取るためには、
①のFBAを使用していないとかなり不利になるので、
かなりのデメリット。

しかも、サラリーマンが売れるたびに梱包・発送とか
やってる暇なんかないよな。
100個売れたら100個分発送手続きなんか無理だよ。
副業で10万円とか目指すような場合は、FBA一択!

【引用】AMAZON出品サービス
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/fee.html

なるほど。出店方法は2種類あって、FBAがくっそオススメっていう話ね。
けいこ
えもん
うん。ぶっちゃけ自己配送って、ほとんど売れないのよ。

手数料

次に、商品が売れると販売手数料って言うのが発生するのね。

つまり1万円の商品が売れたから取って、
1万円の売り上げが立つわけじゃなくて、
1万円×所定の%が、販売手数料として売り上げ金額から控除。

「(例)売上(1万円)-販売手数料(1万円×数%)-仕入値(3千円)=粗利益」

後は、配送料だったり、
FBAの場合はAMAZONの倉庫に商品を保管してもらっているので、
在庫保管料ということで別途手数料が発生する。

ということで、
俺の体感としては、諸々合わせると30%くらいが、
手数料として発生するものと考慮しておく必要がある。
(厳密には異なるけどざっくりね)

【引用】AMAZON出品サービス
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/fee.html

あら、以外とかかるのね。
けいこ
えもん
100円の本が10,000円で売れたっていうこともあったけど、そんなのレアケース。ほとんどが薄利多売で、チリツモの世界。

粗利益

ここまで、AMAZONに納品した→出品した→商品が売れた
っていう手続きまでざっくり話したんだけど、
じゃあ結局いくらくらい儲かるのっていう話。

一応2パターンで計算してみた。
①1,000円で仕入れして、3,000円で販売した場合
②5,000円で仕入れして、10,000円で販売した場合

 

100個売ってそんなもんかって感じー。
けいこ
えもん
単価が高いと利益も増えるが、同時にリスクもくっそ増えるってことね。

せどりは果たして儲かると言えるか

ということで、
もし副業を始めようか悩んでいるサラリーマンの人が、
月に10万円稼ぎたいとするだろ?

そうすると、毎月いくら仕入れして、
いくら売り上げる必要があるって、
さっきの図をみたら一目瞭然でしょ!?

家電量販店、薬局やドン・キホーテ等のお店を回って、
3,000円で売れそうなものが1,000円になっている商品を
毎月100個仕入れる必要があるわけ。

その仕入金額というのは、なんと10万円!
しかも100個仕入れて、AMAZONに納品したからと言って、
毎月全部売れるどこにも保証はない。

そうするとどうなるかって、
毎月10万円の収入を稼ぎ続けるためには、
サラリーマンが在庫リスクを抱えながら、
年間120万円近い仕入れをする必要があるということ。

また、価格競争に巻き込まれてしまうと、
3,000円で売れると思っていたものが、
ずるずる値段が下がり、利益率も減少。

目標の月10万円どころか、
それ以下になるっていう話はザラに聞く。

で、その売り上げを翌月の仕入れに回してってなると、
手元に残るお金なんて微々たるもの。。。

言われてみたらそうだね。残ったお金で、次の仕入れをしなきゃ流れが止まっちゃうわ。
けいこ
えもん
情報発信者は、クレジットカードの与信枠いっぱいまで使えば、無限に稼げるなんて言ってるけど、そんなの絶対やっちゃダメよ。

不労所得を目指せ

ということで、俺の結論としては、
せどりってリスクある肉体労働って感じかな。

もし10万円欲しいんだったら、
週末コンビニでバイトするほうがよっぽどノーリスク。

まず仕入れするために商品を探す時間でしょ、
次にAMAZONに出品する梱包&発送時間や売上管理。
そして翌月の仕入れ・・・と無限ループ。

時給換算したら、最低賃金にも満たないことは全然ある。

確かに、一度出品してしまえば、
自分が寝てる間でも、AMAZONが勝手に発送作業とかしてくれるから、
軌道に乗れば「おぉ、せどりすげぇ!最高!」ってなるんだけど。

その後自分が手を止めたら、同時に収入もストップするというわけ。

サラリーマンが毎月100個近い利益出る商品を見つけて、
100個納品してっていうのは非効率極まりないと俺は思うし、
そもそも「労働×労働」っていう組み合わせ自体の相性の悪さ。

だったら、本業の会社でダラダラ残業してるほうが、
よっぽど効率いいと思うんだけどな。

後は、AMAZONせどりってなんでも販売できるわけじゃないのよ。

考えてみたらさ、一度店頭で買った商品を
再度AMAZONに出品して並べるわけだからさ、
それって新品じゃないよね?しかもお店の保証とかないじゃん!
っていう背景があって、個人レベルのせどらー達を排除する動きがあったり。

他にも、売り上げをがっつり稼ぐためには、
みんなが日々お金を落とす日用品のジャンルにも
やっぱり手を出していく必要があるんだよ。

ただ、シャンプーとか化粧品関連っていうのは
ヘルスアンドビューティーっていうカテゴリに入るんだけど、
それには販売許可っていうのを得る必要があったりね。

っていう規約変更とかも日常レベルで起こっているので、
AMAZONだけに依存していると、
仕入れた商品が一気に不良在庫になる可能性もあり。

確かに、仕入れを止めたら収入も止まるっていうのは会社員やってるのと一緒だね。
けいこ
えもん
そうそう。せどりは労働なのよ。みんなが思ってる副業って、楽して稼げるじゃん!?

何が言いたいって

色々書いたけど、
「せどり=労働」だから副業にするには非効率っていう話。

ってかさ、副業レベルでがっつり稼げるんだったら、
それはそれで嬉しいけどさ、
そんなに楽に稼げるんだったら憂鬱な会社員なんかやらないで、
本業にしてしまえばいい話じゃん!?

でも、みんなが思ってる副業って言うのは、
手っ取り早く月10万円とか20万円くらいあればいいなぁ
っていう程度だと俺は思うんだよ。

やっぱり会社員っていうセーフティーネットは捨てずに
最低限の収入と社会的信用っていうのを確保しつつ、
不労所得でコツコツ稼ぐっていうのが最高のバランスじゃないかな。

例えば、最近Youtubeとか見ててもさ、
BGMチャンネルとかってあるじゃない?

俺もブログ書きながら結構使うんだけど、
あれなんか、再生回数とかも半端ないし、
音楽って言葉は関係ないから世界中で需要はあるので、
めちゃくちゃ儲かってるし、
ちょっと音楽かじってる人は誰でもコツコツ稼げる。

後は、そうだな。
絵を描くのが得意な人は、
ちょっとエッチな漫画を描いてロボットの声を差し込めば、
それだけでいいコンテンツの出来上がり。

しかもyoutubeの何が良いって、
一度作ってしまえば、あとはノーリスクで無限にお金を生み出してくれる。

せどりは止まったら終わりな労働で、
youtubeは止まっても無限に稼ぎ続けてくれる打ち出の小づち。

どっちがいいかは一目瞭然でしょ。

ということで、どうしてもお金が欲しくて、
一発逆転でせどりを始めようと思ってる人は、
一回落ち着いて考えてみよう。

きっと、あなたにあった副業っていうのが出てくるはず!

「会社ほどほど、副業コツコツ」だよ!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

えもん

こんにちは、えもんです。 会社ほどほど、副業コツコツをモットーに生きています。 人生一回きり、好きなことで生きていこう!

オヌヌメ!!

1

みんなおつかれー、えもんです。 今日は、就活シーズンが本格化するこの季節。 採用担当の俺がよく相談を受ける「エントリーシートはどうやったら通過しやすいですか?」についてちょっとアドバイス。 やっぱり大 ...

2

みんなおつかれー、えもんです。 きっとこのページを見てくれた人は、ちょっとでも早稲田に興味がある人かな。 えもんところで、けいこちゃん! はい、えもんさん!けいこ えもん早稲田って色んな学部があるじゃ ...

3

みんなおつかれ~。 今日は給料の話でもしてみようかな。 とりあえず3・4年生あたりで、これから社会人になる人の参考になればいいかと。 今就活してる人で、企業の募集要項とかみながら あの会社のほうが初任 ...

4

みんなおつかれー、えもんです。 今日は、早稲田に通うといくらくらいお金がかかるのかっていう話。 えもんさん、確かに気になるわ!学費、生活費、奨学金。。。けいこ えもんけいこちゃん、パパ活なんかしちゃだ ...

-生きる力

© 2020 フルコミット症候群からの卒業。