フルコミット症候群とは

みんなおつかれー。

いつも上司から「結論から先に言いなさい」と言われているので結論から。

【フルコミット症候群とは】

「意味:一般的には、下記の症状に該当する会社員のことを総称して使われる。
まず、生活費を稼ぐために会社に行かなければならず、
しかしながら、好景気にも関わらず給料は横ばい。
仕事も、上司からあぁでもない。こうでもないと言われ続ける日々。
また家に帰っても、居場所もなければ趣味に充てる時間やお金がそもそもない。
そんな現代病として、2018年、俺が勝手につけた病名のこと。」
1.月曜日の会社が憂鬱な人
2.家と会社の往復で、特に運動もロクにしていない人
3.安月給に加えて、会社以外に収入源がない人
4.その人から会社を取ったら、何も残らない人
5.奥さんや彼女に尻に敷かれて、家に帰る楽しみを知らない人

ということで、
俺が勝手に作った言葉なんで、もちろん実際には存在しないんだけどw

実は、この言葉の由来となった人物が実際に会社の先輩にいてね。

そのパイセンは、結局鬱になって、
長欠しては、復職して。また長欠しては、復職して。。。の繰り返してたんだけどさ。

一応、俺も人事部のメンタルヘルス担当として、
その先輩の復職をなんとか後押ししようと思って色々取り組んでみたんだけど、
結局、何をやっても全然効果がなかったんだ。

それから、産業医の先生、臨床心理士から話を聞いたり、
自分で色々本を読んで見たんだけど、
最終的に、その人の中で「人生=会社」っていう図式が出来上がっていて、
全て会社ありきで、人生を回しているから、
こんなことになっているんじゃないかってふと思ったのよ。

でも、なんかこれっていう言葉がなくて、
なんだろう~、なんだろう~って考え抜いた結果、

「フルコミット症候群」

っていう言葉が一番しっくりきたんだわ。

 

1年間わけわからん同僚や上司と、
"よっしゃー"って働いて、"おりゃー"って残業して、
"てめぇこの野郎ー"って毎日満員電車駆け込んで、
俺だ俺だ俺だー!同情するなら金をくれー!って叫んだとしても、
会社にフルコミットした結果得られるものは。。。

「定期昇給数千円」って笑

笑うしかないよな!

これからの時代、
会社の言いなりになって、必死こいて会社にしがみついて、
今他の奴らがそういう生活送ってる今この瞬間がチャンス!

フルコミット症候群

ひと昔前の日本では、会社に入れば一生安泰の時代が確かにあったのは事実だろう。

・終身雇用制度
・年功序列賃金制度
・家族手当、住宅手当、福利厚生
等々、会社も至れり尽くせりしてくれた時代があったんだよな。

そういえば、この前実家に帰ったとき、
定年退職した親父に会社員生活どうだった?って聞いてみたんだ。
返ってきた答えが「いやぁ、いい稼業だったわ。しかも、特に最近は色々うるさくなってきたから
いい時代に卒業したわ。」だって。

特に、昨今、社会情勢や外部環境が目まぐるしく変化していく中で、
かつてのワークスタイル(神話)が崩壊し、
ちょうどその狭間にいるようなおっさん連中のメンタルが同時に崩壊していく有り様を、
今まさに、俺は人事部で目の当たりにしてるから
ほんとに誰よりも早くこの「フルコミット症候群」から卒業しなきゃいけないって痛感するんだわ。

俺は今30代に突入したけど、これまでそんなこと誰からも教わったことなかったし、
小さい頃は、大人が何のために勉強をやるのか教えられないくせに、
ただ勉強させられて、文武両道だって言われて。。。
結果、早稲田受かったから、いい会社入って、順風満帆な生活が送れるとしか思ってなかったんだけどさ、
現実はそんな甘いもんじゃなかったわ。

で、まぁ色々書きたいことはあるんだけど長くなるんで、
人生まわりまわって今俺が感じているのが
「会社ほどほど、副業コツコツ」が自分にとって、
最強のライフハックだってことに。

これからの時代、
自分だけのライフハックを誰よりも早く発見することが、
フルコミット症候群から卒業する術だってことを、
ちょっとでも多くの人に自分の言葉で届けられたらうれしいし、
ちょっとでも共感してくれる人がいたらブロガー冥利に尽きるわ。

決して、会社員であることが悪いとは思わないし、
逆に会社員であるがゆえに、自営業等に比べると安定した収入源を確保できるんだから、
積極的にリスク取って、人生のクオリティを高めるための自己投資や工夫に
努めていきたいと思う。

俺の優先順位としては、こんなイメージかな。

【金>>>健康(運動)≧女(S○X)>>>>>>>>酒】

とりあえず金を稼ぐために会社員という仮面を被って収入源確保。
そのお金を軍資金に、副業(自動チャリンシステム)を確立させる。
他の収入源ができることで、会社にかけるウエイトが減る。
お金の面で不安要素がなくなれば、健康にもしっかりお金をかけられるし、
女と遊んでて、いざっていうときにケチらないで済む。
お酒は、、、これは親に感謝だが、結構アルコール耐性が強いので、
飲んでもキリがないからあんまり必要ないかも。

まだまだ自信をもって、フルコミット卒業したとは言い切れないが、
今のところ順調に来ているので、最近モチベーションがかなり高め。

最後に、、、いやぁ、会社のパイセンのおかげで、
30代前半のうちに気づけて良かったとしかいいようがない。
パイセンを反面教師にこれからも自分だけのライフハックを磨いていこう。

ちなみに、、、

俺のバイブルはこの3つ!!

「Twitter」

「SPA」

「副業サロン」

  • この記事を書いた人

えもん

こんにちは、えもんです。 会社ほどほど、副業コツコツをモットーに生きています。 人生一回きり、好きなことで生きていこう!

オヌヌメ!!

1

みんなおつかれー、えもんです。 今日は、就活シーズンが本格化するこの季節。 採用担当の俺がよく相談を受ける「エントリーシートはどうやったら通過しやすいですか?」についてちょっとアドバイス。 やっぱり大 ...

2

みんなおつかれー、えもんです。 きっとこのページを見てくれた人は、ちょっとでも早稲田に興味がある人かな。 えもんところで、けいこちゃん! はい、えもんさん!けいこ えもん早稲田って色んな学部があるじゃ ...

3

みんなおつかれ~。 今日は給料の話でもしてみようかな。 とりあえず3・4年生あたりで、これから社会人になる人の参考になればいいかと。 今就活してる人で、企業の募集要項とかみながら あの会社のほうが初任 ...

4

みんなおつかれー、えもんです。 今日は、早稲田に通うといくらくらいお金がかかるのかっていう話。 えもんさん、確かに気になるわ!学費、生活費、奨学金。。。けいこ えもんけいこちゃん、パパ活なんかしちゃだ ...

© 2020 フルコミット症候群からの卒業。