雑記

結婚しようと思っていたアル中の彼女と別れた話

みんなおつかれー、えもんです。

今日は、俺が前に付き合ってたアル中の女の子との思い出話。
ってことで、ただの日記だから読み流して。笑

結論から言うと、
めちゃくちゃかわいくて、体の相性も抜群だったし、
お酒飲んでやらかした後の仲直りSEXも最高だったんだけど、
結果的に分かれて正解だったっていう話。

厳密にいうと、彼女が病院に行って診断を受けたわけではないから、
アル中っていうのは俺の推測で、
ただの酒癖が悪いっていう分類だったかもしれないんだけどさ。

いやぁもうね、ただただ酒癖がひどかった。
お酒が入ると目に見えるようなスイッチがパチってONになって豹変するの。

で、最後は警察に捕まり、
もう付き合ってらんないと思って別れたんだけどさ。

今更何でこんなことブログにしようと思ったかって、
アル中彼女と付き合ってる(付き合ってた)男性に届いてほしいから!

後は、同じ経験者がいたら「そうそう!」とかって、語り合いたい。笑

後悔するのは自分だからな!
マジで酒癖の悪い女には気をつけろ。

出会い

そんな彼女との出会い。

韓国人の仲いい友達がいて、
「この前仲良くなった女の子と飲むんだけど、一緒に来ない!?」
って言われたもんだから、もちろん行くよね。

で、どうやら女の子たちが韓国好きだったこともあり、
新大久保駅で合流からの、プングムっていうお店に移動し、
最初は2対2で普通に楽しく飲んでたのさ。

2人ともかわいくて、スタイルも抜群なOLで、
マジでスト値は10段階の8くらい。

そして4人ともお酒が進み結構酔っぱらってせいか、
結果、俺はAさん、友達はBさんのお持ち帰りに成功!

ナンパ師風にいうと、セパってスト値8のCカポOL即。

それが彼女との初対面。

お酒好きで意気投合

それから2か月後くらいだったかな、
相手のAさんから、また一緒に飲もうよって連絡きたもんだから、
4人の思い出の場所、プングムで再会。

韓国のチャミスルっていうストレートで飲む焼酎があるんだけど、
その日もみんなでグイグイ飲んで、みんなベロベロ。

さぁ、帰るかってなったときに、
今回はなぜか俺はBさん、友達がAさんを持ち帰る形に。
酔っぱらいつつも、脳内はめちゃくちゃ興奮状態。

からの、俺の家でペロペロ。
見事ハッピーエンディングってわけだ。

見た目はAさんもBさんもタイプだったけど、
体の相性でいえば、Bさんがそりゃもう抜群だったのよ。
ロリ系の巨乳で、笛テクもプロレベル。

ってことで、
その後もおかわりするために、何回か会ってたんだけど、
急にBさんがもう会うのやめにしないかって切り出してきてね。

俺も引くに引けずに、「付き合おう」と告白。
渋々OKの返事をもらい、そこから交際をスタートしたというわけだ。

あれなんか変だな

というわけで、付き合い始めた俺たちは、
居酒屋デート→ホテルっていうお決まりのコースで愛を深めていったんだが、
3か月くらいたった頃かなぁ、飲みだすと急に暴れるようになったんだよね。

暴れるっていっても、暴力的というわけではなく、
洋服とか鞄そっちのけで、店の中や町中を走り回ったり、
勝手にタクシー捕まえて六本木のクラブに向かうようになったり。

一応、彼氏の俺は心配だからついていくんだけどさ、
金は使うは、酒は飲むは、物は失くす。

しまいには俺と一緒にいるのに、
クラブの中でナンパされた男と目の前で踊り始めたりするから、
なんとか暴れる彼女を無理やり家に連れて帰るっていうデートが続く。。

で、次の日の朝を迎えると、
決まって「昨日のこと全然覚えてない。迷惑かけてごめんね。」って。

最初は、お酒好きの女の子っていう感じで、
「まぁまぁ、こんな子もいるかな」くらいにて思ってたんのよ。

しかも、体の相性も抜群だったから、
かわいい顔してごめんねって言われた後の仲直りSEXと言ったら、
もう言葉にできないくらい最高だった。

今考えればバカなんだけど、
「あぁ、この子は俺がいなきゃダメかも」って思い、
ますます愛おしい存在に。。

っていう生活を半年くらい続けた頃かな、
さすがの俺もハイパーテンションの彼女についていけなくなって、
あれなんか変だなと思い始めたわけよ。

アル中はおじいちゃんの隔世遺伝

半年くらいった頃かな。

お泊りデートとかも続いたから、
さすがに結婚も多少は視野に入れつつ、
相手の親にもあいさつにいくわけだ。

偶然お母さんも同じ北海道出身ということで意気投合し、
それからは、食事や温泉にも行ったり、
家族ぐるみで仲良く過ごしていたんだけど。

ある日、そのお母さんから、
実はおじいちゃんがアル中で暴力を振るうから、
家出をするために上京をしてきたっていうエピソードを聞かされるのよ。

なんとそれ以来、その親子はキリスト教に改宗して、
一切アルコールを受け付けないっていう家訓だったらしく、
Bさんも家ではお酒も飲まないいい子を演じていたようだ。
家の外では彼女が暴れまわっていることもつゆ知らず。。

それが、俺の中で疑心が確信に変わった瞬間。
かおりちゃんはアル中だったんだ。

でも、朝起きたらケロッとして、
もうお酒飲まないって言うし、
その後の寝起きのごめんなさいSEXがやめられない自分。

だって、昼間デートしてるときは、
普通のかわいい女の子なんだもん。

葛藤が続く。。

タクシー事件

付き合ってからちょうど1年くらいたった頃。

俺も男として、子供出来て結婚してもいいっていう覚悟があったから、
避妊もせず愛し合っていたし、家族との付き合いも深まっていたし、
あとは時間の問題かなぁって思ってた頃の出来事。

夜中、寝てる俺の携帯に一本の電話が入る、
「こちら新大久保交番のものなんですが、かおりさんのお知り合いの方でしょうか?」
今振り返れば笑い話なんだけど、寝耳に水とはこのことかと。笑

で、事情を聴くと、
どうやら彼女がタクシーを無銭乗車したというので、
身柄の引き取りと運賃の支払いをお願いしたいんだけど、
絶対親にだけは連絡してほしくなくて、
代わりに彼氏に迎えに来てもらうと言い張るので、
あなたに電話したとのこと。

さすがに俺も警察から電話来たから、何のことかと思い、
速攻着替えて、交番まで向かい現地向かったよ。

いつも一緒になってお酒飲んでたから、
気づかなかった俺もバカだったんだけど、
その時シラフだった俺が見たかおりちゃんの姿は、
まるで酒に溺れた怪獣。。

くっそ酔っぱらってるし、
何言ってるかわかんないし、
その時かな、急に気持ちがプツンと切れたのは。

アル中彼女との別れ

さすがに、警察の前で放置するわけにもいかないから、
一応家に連れて帰って、次の日の朝に事情聴取開始。

しかし、新橋からタクシーで新大久保に向かったんだけど、
それ以外は何にも覚えてないとのことの供述。

それを聞いた瞬間、冷静な俺の頭はさ、
「こいつとは付き合ってられない」に変わっていく。

同時に、告白した俺から切り出すのも申し訳ないが、
お前とは一緒にいれないと別れを告げる。

よくよく考えたら、デートしてお酒を飲んだ日のことも
基本記憶がなかったんだよな。。

かおりちゃんは、嫌だ嫌だと泣き叫ぶが、
憎しみが込み上げて、俺も心の中で同じように泣き叫んでいた。

それから、かおりちゃんからは執拗に連絡が来るんだが、
連絡は完全スルーし、ようやく俺も平和な日常を取り戻し始めたのだった。

めでたしめでたし。

数年後のかおりちゃん

一応、この話にはあとがき程度の続きがあってね。笑

3~4年くらいたった頃かな、
ラインの「友達かも」ってやつがあるじゃない。

それで、俺が表示されたもんだから、
かおりちゃんから久々に飲もうよって連絡があったのよ。

気持ちが既に切れてる俺にとっては、もう興味本位だよね。
いい加減落ち着いてるでしょ思いつつも、
彼女の様子が気になって、アポを取り付けていつもの新大久保で合流。

まぁ、昔話をつまみにお酒を楽しんでいると、
あら不思議!みるみるスイッチが入っていくわけだ。

トイレに席を立ってなかなか帰ってこないから、
様子を見に行くと、個室の便所に響き渡る嘔吐の音色。。。

かおりちゃんは一ミリも成長していなかったのだ。

でも自分の家に帰ってもらわないと困るので、
無理やり電車に押し込んで、解散。

それ以降は、完全に連絡を遮断し、
かおりちゃんとの関係は一切クローズ。。

で、今日に至る。
きっと今頃も飲み歩いて、知らない男の家に転がり込んでるんだろうな。。。

おしまい。

何が言いたいって

色々書いたけど、
なんでこんな需要もないようなブログを書いたかって、
駅で「お酒の失敗じゃない、あなたの失敗です。」
っていうポスターを見かけて、ふと思い出したのよ。笑

この前、久々に会ったかおりちゃんは、
初めて会った時の面影がないくらい太っててさ。

本人は言わないけど、話を聞いていると、
どうやら全く懲りずにお酒を飲み歩いてるようで。

まぁ、人の数だけ人生があるから、
本人が楽しければそれはそれでいいんだけど、
俺は声を大にして言いたいんだ。

「お酒の失敗じゃない、あなたの失敗です。」と!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

えもん

こんにちは、えもんです。 会社ほどほど、副業コツコツをモットーに生きています。 人生一回きり、好きなことで生きていこう!

オヌヌメ!!

1

みんなおつかれー、えもんです。 今日は、就活シーズンが本格化するこの季節。 採用担当の俺がよく相談を受ける「エントリーシートはどうやったら通過しやすいですか?」についてちょっとアドバイス。 やっぱり大 ...

2

みんなおつかれー、えもんです。 きっとこのページを見てくれた人は、ちょっとでも早稲田に興味がある人かな。 えもんところで、けいこちゃん! はい、えもんさん!けいこ えもん早稲田って色んな学部があるじゃ ...

3

みんなおつかれ~。 今日は給料の話でもしてみようかな。 とりあえず3・4年生あたりで、これから社会人になる人の参考になればいいかと。 今就活してる人で、企業の募集要項とかみながら あの会社のほうが初任 ...

4

みんなおつかれー、えもんです。 今日は、早稲田に通うといくらくらいお金がかかるのかっていう話。 えもんさん、確かに気になるわ!学費、生活費、奨学金。。。けいこ えもんけいこちゃん、パパ活なんかしちゃだ ...

-雑記

© 2020 フルコミット症候群からの卒業。